読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い式

テキトーに楽しく生きる、それでいいのだ

仕事でウソをついても閻魔さまに舌は抜かれないよ、きっと

スポンサーリンク

たかがビジネス、小さなウソくらいはいーじゃない

名もなき詩

ゴールデンウィーク中ってことで、完全にダラダラモードな私。

フリーランスなので別に休日ってわけでもないのですが、先ほど取引先から仕事の電話が。でも、今日は仕事する気分じゃない。とっさに

「今、温泉旅行で箱根なんですよ。週明けにまた連絡しまーす」

とウソをついてしまいました。で、またダラダラモードに戻って布団でごろごろ。

私は普段からこういうウソをよくつく。たぶん取引先の相手にもバレています(苦笑)。なので罪悪感はまったくない。

でも、世の中には仕事でのウソを絶対に許せないって人、たくさんいますよね。

相手のウソが許せないパターン

「仕事なんだぞ、お金のやり取りしてんだぞ!」と他人がウソをつくことが絶対に許せない人。

たしかに、悪いのはこちらですけど、別にお金をダマしとったり、不正や犯罪をしてるわけじゃないんだから、それくらいで怒らないでよー。最終的にはちゃんとやるよー。

というと「だったら初めからウソをつくな。正直に言えばいいだろ!」とさらに怒る。

たしかにおっしゃる通りですけど。ウソつかないと「働け!」って言うタイプでしょ、あなた。

LOVE JAM (DVD付)

自分のウソが許せないパターン

「責任ある仕事をしているんだから、ウソはまわりに迷惑をかけてしまう。絶対にダメだ」と、とにかく真面目な人。

もしくは「もしもウソがバレたらどうしよう?もしもバレたら人生終わりだ」と異様にビビる人。

そんなに自分に厳しすぎたら、仕事が楽しくないんじゃない?仕事くらいで人生終わらないよ。

というと「でも、真面目にがんばってる自分が好きだから」と、微熱では決して休まず40度の高熱を出してからようやく「風邪をひきましたので休みます。医師の診断書はもらっております!」とつらそうなのにドヤ顔。

それで、ホントにまわりに迷惑かけてなければいいけど。

閻魔様だっていちいち怒らないんじゃ?

で、こういう人たちに共通するのが「一生懸命なわりに仕事ができない人が多いんじゃないか」ということ。私のような意識の低い人間が良いとは言いませんが、もう少し肩の力を抜いてもいいのでは?よーするに「柔軟性がない」のです。

「不器用だけど真っ直ぐでありたい」というと聞こえはいいけど、単なるフレキシブルさに欠けてるだけな気がする。私はフリーランスという仕事柄か、いろんな会社の人と会うのですが、デキる人たちって意外とウソつきでテキトーなやつらが多い。でも柔軟性があるから、やるときはビシッと決めてくれます。

GRRR!  ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012

それに、たぶん死んだら閻魔さまの裁きがあるのかはよくわかりませんが、仕事のちっちゃなウソくらいで舌は抜かれませんよ、きっと。

「うつ」になるくらいなら「うそ」でいい!

そんなんで、いちいち舌を抜かれてたら、牛タン屋が開けちゃうし。

最近やたらと「うつ」が問題になってますが、「うつ」になるくらいなら、上手に「うそ」がつける人間になったほうがずっといい。ウソを許せずに誰かを苦しめたり、自分を苦しめたりするほうが、きっと罪としては重い気がするのです。もしも閻魔さまがいたとして、怒るのそっちじゃない?

ちょうど5月病になりやすいシーズン。ちょっとのウソは許せるくらいのほうが、人生楽しいぞ?という意識の低い人間なりの意見でした。

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」