意識低い式

テキトーに楽しく生きる、それでいいのだ

小池百合子新都知事の「満員電車ゼロ」政策には少し期待している

スポンサーリンク

おまえの都政の透明化にはちーとも期待しとらん

 

それよりも満員電車ゼロだ!

 

おまえの満員電車ゼロには少し期待している

 

Slam dunk―完全版 (#3) (ジャンプ・コミックスデラックス)

 

都知事選、私は小池百合子に投票しました。

 

私は右でも左でもなく、自民も民進も共産も好きでなく、どちらかといえばリベラルな考えなのだろうけど、かといって現実を見てない政治家は嫌。ヘイトスピーチをするやつらは最悪だけど、在日の人がパチンコ屋で儲けるのは許せない。信仰宗教も嫌い。でも個人の自由は尊重したい。つまり、どこの党にも共感できません。

 

政治家なんてみんなどこかで汚い金を得ているだろうし、クリーンな政治なんてどうでもいい。とにかく私たちの生活のプラスになる結果を残してほしい。(そんなダメな考えの私が一票投じることが正しいのかは置いておいて)

 

で、あれこれ悩んだ末、「満員電車ゼロ」という政策に対しての期待だけで投票したのです。

 

公約というのは必ずしも守られるものじゃないだろうし、優先順位だってある。例えば、東京にシン・ゴジラが急に現れたら、オリンピックどころの騒ぎじゃないでしょう。

 

でも、満員電車ゼロだけはなんとか実現してほしい。

 

この記事、皆、通勤電車って耐えられてるの?を読んだのだけど、すごくわかる。もう満員電車に揺られて1日頑張るのが美徳な時代じゃない。1日のはじまりを、つらい地獄のような場所からスタートさせて、良い仕事ができるはずがない!

 

そんな満員電車が嫌すぎて、結局私はフリーランスになっちゃったんだけれど。それでもたまに乗る満員電車で1日が憂鬱になるくらい、本当になんとかしてほしいんです。

 

だから、小池百合子氏の満員電車ゼロ政策には、少しだけ期待している。

満員電車がなくなる日―鉄道イノベーションが日本を救う (角川SSC新書)

満員電車がなくなる日―鉄道イノベーションが日本を救う (角川SSC新書)